Tag Archive for クレジットカード

クレジットカードは、ポイント利用を中心とした利便性重視

私が初めてクレジットカードを保有したのは、20代前半の働き始めた頃でした。

カードを初めて手にした時は、社会人として信用を得た気分で、とても嬉しかったのを覚えています。

と言いますのも、アメリカに留学していた際、アメリカ人の方々が現金をほとんど持たず、クレジットカードで支払っているのを見て、これはリスク回避の1つの手段でしょうが、私の目にはその光景がとてもクールに映りました。

また、クレジットカード保有は、信用の証という印象を受けました。

当時学生だった私は、親にカードを持たせてもらえませんでした。

私は、現金とトラベラーズチェックを持ち歩かなければならず、危険と隣り合わせの様な気がしていつもお財布を心配していた記憶があります。

私は、親に信用されていない様で悔しかった。

帰国したら、早く自立して信用してもらおうと思いました。

社会人になった私は、早速、クレジットカードを作りました。

その時は、主に海外での使用目的でした。

休暇でアメリカ本土、ヨーロッパ、アジアの国々を訪れた際、国や場所で使い易いカードと使えないカードがある事を知りました。

その結果、VISAとMastarカードがあれば、よほどの僻地へ行かない限り通用すると思いました。

その後、上記したカードと提携した家電量販店や百貨店等の小売業者の発行するクレジットカードのポイント還元率やポイントアップキャンペーン、年会費が気になる様になっていきました。

銀行系のクレジットカードから百貨店系のクレジットカードへと乗り換えました。

百貨店系のクレジットカードを選んだ理由は、利用頻度が高かった事と年会費無料のクレジットカードだったことです。

同じ百貨店でも年会費を支払う方が、ポイント還元率が高いという優位性もありますが、私の場合は、年会費を払うのであれば元を取る為に消費へと走りそうな気がして年会費無料を選びました。

この百貨店の利用頻度は、カード加入当時と比較すると低くなりましたが、公共料金等の引き落としにカードを利用していますので、自然とポイントは貯まっていきます。

現在では、貯まったポイントをeデパートで使用しています。

このeデパートでは、最寄りの百貨店で取扱いがなくて割引されないもの、特に化粧品に使っています。

配達も無料(有料の場合もあるでしょうが)でしたので、百貨店への交通費もセーブができて今のところ満足しています。

また、年会費を支払っている百貨店系のカードも保有しています。

それは、交通系ICカードの残高が一定額未満になるとオートチャージをしてくれて、その決済を百貨店系のクレジットカードでしています。

交通系ICカードは、交通機関だけでなく、コンビニ、一部の百貨店でも使用できるのでとても便利で、少しでもポイントが貯まっていくのが嬉しい。

このオートチャージのありがたみは、オートチャージの浸透していない関西に行った時に痛感しました。

とにかく、小銭を準備しなくていいですし、交通系ICカードに現金でチャージする必要もないので、とてもありがたいと思います。

クレジットカードを使い始めたきっかけは、海外でのリスクを避ける為と自己の信用度の誇示でしたが、現在では、消費に対する若干の還元とその有効利用、そして、家計の管理として明細書も利用しています。