今すぐお金を借りることになる失敗談

私がやってしまいがちな、今すぐお金を借りることになる失敗はギャンブルによる無計画な展開です。つい最近もやってはいけないプロセスを再び体験してしまいました。パチンコやスロットは適度に楽しめば、悪い遊びではないと言われたりしています。その適度な加減が難しいのです。

私の考えは以下のような感じです。

要するに大きな投資をしなければ、狂ったような負け方をしないと考えました。喫茶店に入れば、400円前後なんて簡単に吹っ飛んでしまいます。漫画喫茶に入っても、あっという間に1000円前後なんて消えてしまいます。ショッピングをするならば、形あるものが何かしら手元に残ったりしますが、手元に何も残らない消費活動をするならば、ちょこっとのつもりでパチンコ屋に入って、強運が無いかどうかについて、なるべく頻繁に通ってみようという生活を試みたのです。この考えについては、どっぷりとハマったり勝負をかけるような遊び方ではないのです。あくまでも金運が有るか無いかのチェック程度の入店なのです。そのため、店に入ると決めた場合には財布に2000円を越える金額を入れないようにするルールを設けていたのです。

けっこう厳しいぐらいに、自分の生活を取り締まりつつ、そんなギャンブル生活を維持できそうに思っていた矢先に、最終的には初心が崩れてしまいました。どういう事かというと、気が付いた頃には無計画なだらしない投資の心構えに戻っていたのです。

継続的にパチンコ屋に通うことによって、どうしても欲張りな人間の心が出てしまいます。守るべきはずだった自分との誓いなんて、どこへやらの状態です。しばらくジャグラーは打たないって決めていたのに打ってしまったり、競馬の馬券購入もお休みすると宣言していたはずが、結局は元の生活に戻っています。同じミスを繰り返した結果に友人からの飲み会の誘いも断るハメになります。365日もあれば、こんな事は頻繁なのです。

パチンコ入店が無ければ、にこやかに友人と食事できたのになという失敗体験は回数が多いのです。ギャンブルで失敗するパターンは、友人からの誘いが来ている段階でかなり多く感じています。

Comments are closed.